てづくりのくらし

田舎でゆる〜く生きてます。

一歩ずつね。

 

お久しぶりです。(いつもこのセリフから始まっているような・・)

 

このちゃんの今月で8ヶ月になり、保育園も通い出したところです。

 

もうこんなに大きくなりました。

今では、つかまり立ちもして、危なっかしいです。

そして、保育園では、RSウイルスが流行り、見事にこのちゃんも流行に乗りました。

そのあと阿野家全員ダウンし、わたしの母妹もダウン。笑

今も、鼻水が治らず保育園にも行けず。笑

まあ、風邪になるときはなるし、ならないときはならないし。

しょうがないよね〜〜〜

 

 

 

 

嘉陽に住み始めて1年が過ぎました。

(旦那はかれこれ2年になるのかな?)

ここで子育てして8ヶ月になります。

 

 

徒歩1分にこんな素敵な海があって、

反対側には山があって。

最高な環境で暮らしているんだなあと実感することが増えてきました。

 

 

嘉陽の人たちとも仲良くなれて。

子育ての先輩方もいて。

魚をくれる人もいて。

野菜をくれる人もいて。

このちゃんにバナナや芋をくれる人もいて。

 

いつもいつも温かい人たちに囲まれているな〜なんて思って。

 

最近は、家の前の落ち葉を集めたりする余裕も出てきました。

前までは生活することに精一杯で。

区の行事もちゃんと参加できず。

毎回が新しいことだらけの生活で、ついていくのに必死でした。(今考えるとね)

 

 

ここに住んでいると、浦添にいる時よりもご近所さんとの関わりや区との関わりがたくさんあります。

もちろん、楽しいことばかりではなくて、人間関係のめんどくささとかもあるし、気使って疲れることもあるけどね。(何回か、人間不信みたいになりかけた・・考えすぎてね笑)

でも、その分、一人一人と関係を作っていけるし、家族とも向き合うし、何より自分と向き合うことが嫌でもできる。

 

人間、その人と向き合うってなかなかできないことだと思うのね。

今までは、まあいっか、別に深入りしなければいいし、極力関わりを持たなければいい。無関心でいっか〜めんどくさ〜

なんて流していたけど、ここじゃあ暮らしに密着しているからそれも難しかったりする。

結局最終的には、あ、自分はこうなりたくないからこだわってたんだ。とかにたどり着くんだけど。

 

 

そんな感じで暮らしに密着してるから、子育てもみんなに助けてもらってます。

気軽に相談できる人もいるし、みんなで集まった時に子守してくれる人もいる。

何より、みんなこのちゃんを可愛がってくれているのが一番嬉しい。

 

 

でも、こういう状態を作り出せるのって、旦那が学生時代からここを大好きでいて、みんなとも関係を作っていって、頑張ってくれたからだと思う。

田舎に住むって簡単にいうけど、本当は簡単ではなくて。

暮らしに密着してるからこそ、大変なところがあるんだと思う。(わたしはまだちゃんとはっきりとはわかってないけど)

やっぱり住むならちゃんとみんなと関係を築いていけたらいいよね。

わたしは旦那に頼ってばっかりのところがあるから、少しずつ頑張っていこうと思う。

(そこに住むだけでいい。みたいな人ならそれで全然いいと思う!)

 

 

 

 

学生の時はよくわからなかったけど、人と共に暮らしていくって本当に大変なことだなあと実感します。

旦那だって、元は他人だし。笑

たくさんぶつかって、たくさん話し合って、二人でいつまでも仲良く暮らしていきたいな。

子育ても二人で協力しないと無理!笑

きちんと二人で、こうしてほしい、これはできる。この時はよろしく。こういう時はしんどい。を話し合わないと。

二人の子だから、ね。笑

 

 

旦那はいつも、このちゃんのことも、わたしのことも考えて、話したり聞いたりしてくれます。

いつもありがとうね。

わたしのやりたいことをやらせてくれるので、旦那のやりたいこともこのちゃんのやりたいことも全力で応援していくよ。

旦那とこのちゃんと家族になれて本当によかった。

 

一歩ずつ、確実に。

一つ一つ丁寧な暮らしをしていこう。

 大好きな場所に、大好きな人に囲まれる幸せに感謝して。